L/F

めっき装置の設計・製作なら

三友セミコンエンジニアリング株式会社

Lead Frame_1.jpg短尺リードフレームAgスポットめっき装置

| HOME | 製作装置紹介 | リードフレームスポットめっき装置 |

リードフレーム短尺めっき装置

QFNなど用途を広げながら、リードフレーム短尺めっき装置は高精細化を続けています。当社では従来からパイロットピンを使用しない位置決め機構と、オリジナルのレーザーマスク製作により、時代の要求に応え続けています。

Lead Frame_2.jpgAgスポットめっき装置 スポットめっき部
Lead Frame_3.jpgスポットAgめっき装置 ロード部
Plating Mask_1.jpgめっき治具(マスク)


※画像をクリックすると拡大表示されます。

 リードフレーム部分めっき装置

 幅広リードフレームでも、パイロットピンを使用しない位置決め機構を
 採用しており、ピンダメージなく部分めっきが可能なスパージャを標準
 装備、
 さらに画像処理を用いた高精度位置決め機構により、めっき精度を限界
 まで向上しています。

 条数:3条
 ライン速度:~3.2m/min(800mmマスク採用時)
 めっき仕様:Cuストライク+部分Ag など
 素材:Cu材、42材 ほか

souti_2_2.jpg
souti_2_3.jpg

※画像をクリックすると拡大表示されます。